MENU

7/24 ひとり

「ひとり」とは、
孤独や寂しいものだと、
言われることがあります。
ですが、
誰かといては気づけない、
微かな兆しは、
ひとりでいる時に認識し、
受け入れていけるものです。
素晴らしい宝物は、
ひとり静かに過ごす時間の中に、
そっと佇んでいるのです。